看護師を辞めるのは簡単じゃない

看護師を辞めるのは簡単じゃない

看護師を辞めたい・・・。
病院で働く看護師なら一度はそう思ったことがあるのでしょうか。
ただ看護師を辞めて何をやるの?
生活していけるの?
若いうちはいいけど、年を取ったら仕事があるの?
地獄の実習に泣きながら耐えて取った看護師免許を捨てるのか?

看護師を辞めるのは、なかなか簡単ではありません。
辞めたいと強く思っても、辞めた後の生活がイメージできず不安が大きいからです。

このサイトでは看護師を辞めたいと思っている方に向けて、看護師の理想と現実を見ていただきたいと思っています。
その理想と現実は「看護師を辞める」のか「看護師を続ける」のかを決断する材料になるはずです。

看護師を辞めるための準備

看護師を辞めるためにはまず何をしたらいいのでしょうか。
それは転職サイトで求人を調べて、給料や待遇などの相場を知っておくことです。
この辺りは賃貸マンション選びによく似ているかもしれません。
求人を見ることで地域の特性を把握し、転職したい病院が良いのか悪いの判断の材料になるはずです。
そのため看護師を辞めたいのであれば転職サイトを眺めてみましょう。
また看護師以外の仕事をやりたい方であっても、看護師の求人はしっかりチェックしましょう。
看護師を辞めたいのではなく、今の病院に不満が合ってそう思っているのかもしれないからです。
その辺りは転職サイトの担当者に聞いてみるのが一番いいかも知れません。
例えばナースパワーの口コミに書かれているように、担当者の良し悪しでその後の転職人生は大きく変わるでしょう。
彼らは看護師業界の事情を熟知しています。

産婦人科3年目の看護師が語る理想と現実

看護師を辞めるときの現実
医療関係には全く関係のない専門学校卒業後、就職をしたのですが、このままで大丈夫なのか!?と不安になり看護師を目指し、看護学校に入学。国家試験にも見事合格し、現在に至る。

理想の仕事内容

今の職場はないが、体交で腰に負担がかからない。

理想の給料

日勤のみで手取り30万程度
日勤+夜勤(2交代)で手取り40万程度

理想の勤務条件

夜勤は2交代勤務

理想の人間関係

Dr.に対しても看護師の立場から気兼ねなく意見が言え、またDr.からもよきアドバイスをいただける。
先輩看護師に対しても後輩看護師の立場から意見が言える。

理想のキャリアプラン

今は現実的に難しいが、認定看護師を目指していたこともあった。
可能であれば、小児の認定看護師を目指したい。

現実の仕事内容

小さな病院のため、病棟と外来をいったりきたりすることもある。
また、外来ではDr.のご機嫌取りという仕事もしなければならない。
プラスαとしてご機嫌取りも仕事の1つだと思うが、本来の仕事とご機嫌取りの割合がどうかだと思う。
本来の仕事9割、ご機嫌1割でよいと思う。
本来、看護師の仕事はDr.の補助という立場にも関わらず、外来業務では看護師がカルテを見てどんな患者かを把握し、処方されるであろう薬のハンコをカルテに押さなければならない。
患者情報をDr.に伝える際に、情報不足があると注意を受ける。
情報不足は看護師としていけないと思うが、Dr.もカルテを見て患者情報を把握すべき。
Dr.はカルテをほとんど見ない。

現実の給料

日勤のみ手取り20万
日勤+夜勤手取り25~30万

現実の勤務条件

日勤
9:00~18:00
夜勤
17:00~9:00

現実の人間関係

Dr.に意見を言うことができない。
先輩看護師は人によって意見を言うことができる。
中にはDr.に何でもかんでもすぐに報告する先輩看護師もいる。
大切なことでもあるが、Dr.に知られたくないこともあるので。

現実のキャリアプラン

このまましばらくは今の病院で働くことになりそう。
よって、認定看護師を目指すのはやや難しい。

Copyright(C) 看護師を辞めたいときの理想と現実 All Rights Reserved.